アベノミクスが始まったとき、外国勢はいっせいに買い越しに転じ株価は上がりました。日本の株価は大きく上昇しましたが、その中でも一番変動が激しかったのが三菱電機株価です。こちらではどのように三菱電機の株価が上がったかをご紹介していきます。

ソニーで平均でデイトレする為に株価を分けて購入

デイトレとは、その日に購入した株をその日、もしくは翌日等に売却をして利益を出す、短期の取引方法です。デイトレよりも短いスパンで売買を繰り返すスキャルピングという方法もあります。短期間で売買を繰り返す場合、1回の取引の利益がとても少なくなり、逆に回数が多くなる傾向があります。そして必ずしも利益が出るというわけではないので、リスクは分散させて行う必要があります。ソニーや有名企業のように流動性の高い銘柄を購入する場合、買い手がつかなくて手放せないということは少ないです。1日にわずかしか取引されないような銘柄でデイトレをしてしまうと、せっかく希望している株価になったとしても、すぐに売却できず、次の取引の資金にできないこともあります。購入する場合、平均でデイトレで利益を出すために、購入価格をばらつかせる方法があります。特に1日の中で値動きが大きい銘柄ではこの方法は重要で、高く買ってしまっても、購入資金が残っていれば安いところで買い増しができ、結果として平均価格を下げることができるのです。
ソニーの株価は現在3500円から4000円の間くらいで推移しています。円安の影響や株高の影響で、ソニーの株価も数年前と比べると上昇しています。値段の高い株のほうが1日の中の値動きが大きくなる傾向があるため、デイトレをするには適している銘柄と言えるでしょう。ただし高すぎる株は1回の購入資金が多く必要になってしまい、分散して購入することが難しくなります。
デイトレで利益を出すためにはいかに取引手数料を抑えるかが重要です。取引する証券会社によっては一定額以上は無料になるところや、回数によって手数料が変わるところがあるので、デイトレをする証券会社選びは銘柄選びよりも大切です。